小便器をまるごと新しくする必要はありません!壁の中の処理だけで再生!

洗浄管がないタイプでも簡単に再生可能!


故障した壁埋め込み型小便器センサを簡単に再生!

改装費用半額以下、交換作業時間半分以下で再生可能!

既存のセンサ部分のみを外し施工するため楽々。

現場の状況により選べる2タイプ。

付属のエボルタ乾電池で100回/日・前洗浄「無」設定時で電池寿命約10年!

施工イメージ<REBORNα RB-95の場合>

1既存のセンサを外す。

2既存のフタ・ピストンバルブ・電磁弁を外し、専用電磁弁・止水ナット・止水パーツを装着する。

3配線処理をして、センサユニットを取付ける。

適合確認表

該当しないタイプやご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。

専用工具<RSK-95>

■上記★マーク記載の品番用オプション工具
■既存のピストンバルブのフタを取外すための専用工具
■当社独自の密着型構造でよりスムーズな施工が可能
■一つで複数の施工に使い回しが可能
■TOTO専用工具でも代用可能

専用止水栓セット<SVS-95>

■上記★マーク記載の品番用の専用止水栓セット(ケレップ付属)
■既存の止水栓が固着・水漏れしている場合の交換用
■対辺13用ラチェットレンチを使用

※外観(センサ部)と内部構造の品番が異なる場合があるため、必ず内部構造までご確認ください。 センサ部は、吸盤を使って取り外すことができます(上記図1参照)。
※Pが付く品番(既存品TEA95P、当社製品RB-95P)は、センサ部と内部構造が離れて設置されている場合のもので、専用の延長ハーネスが付属されています。 直線距離で約15cm以上離れている場合に、お選びください(上記図2参照)。
※★マークが記載された品番 RB-95/95P/95L/95AD/95D/95PAD/95LD及びVH-95/95Lの施工には、専用工具『RSK-95』が必要です。 また既存の止水栓が機能しない場合や水漏れが起きている場合は、導入後のメンテナンスを考慮し、専用止水栓セット『SVS-95』へ交換をご検討ください。
※足元センサ用としてご検討の場合は、AC100V式(感度100㎝対応可能)をお選びください。
※外枠と内部のボックスがずれていたり、施工手順通りに設置されていない場合は、本製品を設置することができない場合があります。
※飲用可能な上水でのご使用に限ります(再生水・工業用水等ではご使用になれません)。
※既存の配管上の漏れがあったり老朽化が進行している場合は、設置を控えてください。
※仕様・色・価格などは、予告なく変更する場合があります。

TOP ▲